After Effects PC・IT知識 動画紹介 記事一覧

卒業コンサートOPムービーを作った - 感想と備忘録

更新日:

 


映像を作りました

そういえば、卒コン時期に諸々の事情で詰みすぎていて、OPムービーの備忘録を作ることを忘れていました。

先日行われたサークルの卒業コンサートにおいて、OPムービーを作成させていただきました。

折角なので、どのエフェクトを用いたのかを備忘録として書き残しておこうと思います。今回の記事は自分向けに書き残すものなので、AEを使っていないとわからない表現等も有ると思います。わかりづらかったら申し訳ありません。

あ、作業環境はAEのCS6です。


その1:冒頭部の黄色い変なやつ

これは、Trapcode社のプラグインである、MirSound Keysを使っています。Mirで黄色いモヤモヤを、Sound Keysで音源のバスドラムの音に合わせて数値を変化させています。

Sound Keysの値を反映させるには、まずSound Keysで範囲を指定し、Outputを押します。

そして、Mirで任意の場所(今回はFractal->AmplitudeZの値を変化させた)でアニメーション->エクスプレッションを追加、そしてエクスプレッションの親をMirのOutputに設定すれば出来上がりです。

あとは適当にいじればそれっぽくなります笑

ちなみに、この黄色いモヤモヤ、横から見るとこんな感じです。

スクリーンショット 2015-04-01 14.40.57

これでもかっこいいのですが、あえて2D感を演出するために、正面からのみを写しました。


その2:バンド名が浮き出て消えていくやつ

ミディアンというエフェクトを使っています。以上。

ミディアンの値をいじって、文字が浮き出て消えるというものを1つ作ったらあとはそれを68個コピーして位置と回転角度、拡大縮小をいじるだけです。あとは気合!笑

 


その3:四角い物体が左右からぶわーっと出てくる

CC Particle Worldを使用。Producerの位置、及びBirth Rateをいじって四角の出現場所を調整しています。

設定は以下の通り

スクリーンショット 2015-04-01 14.49.35

スクリーンショット 2015-04-01 14.51.35


その4:"轍"の文字が組み上がったあとのホワイトアウト

普段はフラクタルノイズを使っていますが、折角Trapcodeを手に入れたのでStarGlowを使いました。

Streak LengthBoost Lightの値をいじればオッケーです。

ちなみに、今回はStar Prismに設定してあります。


 

あとはカメラレイヤーとライトレイヤーを駆使して頑張るのみです!以上!!

「面白いじゃん」と思ったらぜひシェアをお願いします!

-After Effects, PC・IT知識, 動画紹介, 記事一覧
-, , , , , , , ,

Copyright© ちゃいら随筆 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.