ボイスベース 歌・アカペラ 記事一覧 音楽

声の最低音を拡張するための3つの方法【真面目編】

更新日:


何事もまじめに取り組もう

一つ前の記事に声の最低音を拡張するための3つの方法【ネタ編】を投稿しましたが、いずれの方法も人体に悪影響でしたね!やはり最後には正義が勝つのです。仕方ないね。

というわけで真面目に低音を伸ばしてみたい諸君らのために、僕が声の低音を拡張するために取り組んでいることを一挙大公開します!


その前に大前提として覚えておきたいこと

その前にですね、1つお知らせしなければならないことがあります。それも悲しいお知らせです。

低音を伸ばすと言いましたが、正確に言うと低音が伸びているわけではありません。個々人の最低音は決まっています。しかし、様々な要因から最低音まで到達出来ていないという場合が非常に多いです。今からお伝えする方法は、個々人が持つ最低音までいかにして到達するかという方法論です。

なので実はブログのタイトルは嘘です!←
しかし、確実に効果はあります。是非試してみてください。


その1:声帯に力を入れない

一番重要なのはやはりこれですね。

大抵の人は、低い声を出そうとするとどうしても「ゔゔゔゔゔゔ」と喉をつぶして歌ってしまいます。古いドアを開けたような声とよく形容されます。これはエッジボイスと呼ばれ、よく地声と裏声をつなげる(いわゆるミックスボイス)の練習などにもよく使われます。がしかし、低音においては優先すべきは脱力です。

ギターの弦を想像してみてください。ペグ(上のくるくる回すやつ)を締めあげると音が高くなるでしょ?それと一緒で、声帯も緊張していると弦が張り詰めている状態と一緒ですから、自然と最低音が高い音になってしまうのです。

なので、あくびをする時のように口を開き(この時に口に力を入れ過ぎない)、上から「おおおおぉぉぉ⤵」というように高い音から低い音に向かって声を下げていきます

これを暇な時にやってください!


その2:首の筋肉を脱力する

その1の話と関連するのですが、首の筋肉を脱力することはとても大事です。先ほどの弦の例と同じ原理ですね。首筋の筋肉が緊張してしまうと、低音はおろか、高音も出づらくなってしまいます。自分の可能性を狭めてしまうのは勿体無い!今日限りで凝り固まった首筋とバイバイしましょう。
ストレッチ方法は色々あるのですが、首を揉んであげるだけでも効果があります。もみしだいてあげましょう。


その3:声を鼻に抜く

これは、ボーカルベース特有の話にもなってしまうのですが、鼻に声を抜くと最低音が伸びます。何故でしょう。

想像してみてください。あなたは今、棚の上の軍手を取りたい。しかし、あと一歩手がとどかない。そんな時どうしますか?

…そうです、背伸びをしますね。やってることは背伸びです。声帯の位置からみて、口と鼻とでは鼻のほうが遠くの位置にありますね。つまり、口〜鼻の距離分だけ"背伸び"してしまおう、ということなのです!いわゆるハミングのような事をしているので、結果として身体の共鳴部分を増やす練習にもなって一石二鳥です。


以上、低音域を伸ばすための3つの方法でした。ネタ編とは違い、ちゃんと書きましたよ?
是非参考にしてみてください!
こちらの記事なんかも合わせてお読みいただくとよりイメージがつくと思います♪

「面白いじゃん」と思ったらぜひシェアをお願いします!

-ボイスベース, 歌・アカペラ, 記事一覧, 音楽

Copyright© ちゃいら随筆 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.