ボイスベース 歌・アカペラ 記事一覧 音楽

声の最低音を拡張するための3つの方法【ネタ編】

更新日:


僕だって低い声が欲しい

僕の最低音はlowEくらいです。これでも平均の男子よりは下の音が低い方です。
ところが、ところがですよ。アカペラにはは人間とベースのハーフなんじゃないかってくらい声がべらぼうに低いベーシストが沢山います。


Naturally7というアカペラバンドのベース、Hopsのソロ。なんじゃこりゃ……

常人ではかなわない。ならば真っ当な方法ではなくズルをして声の最低音を下に伸ばす方法はないのかということを考えるのは至極当然のこと(?)。というわけで、最低音域を拡張する方法裏ワザ編を披露!
ボーカルベーシストに限らず、地声が高い男子も必見!?


1)起床直後の声は普段より低い!

皆さん一度は経験したことがあるはず。寝起きの声は普段より低くなります。何故低くなるのかという原因については諸説ありますが、一番納得したのは、朝顔がむくんでいるのと同じように声帯もむくんでいるという説です。だから時間が経つとむくみが取れて声が高くなっていくと。

そもそも皆さん声帯の仕組みご存じですか?こちらの記事にも書かせていただきましたが、要するにです。むくんでいるとはつまり、弦が太くなっている状態のことなんですね。

太い弦からは低い音がでる。だから朝は低い音が出る、というのです。


2)お酒を飲みつつ大声を出した翌日

飲み会なんかでお酒を飲んで大声を出した翌日の声って、カッサカサで高音が出ないけれど、下の音がめちゃくちゃ出ませんか?あれも(1)と原理は一緒、無理な声の出し方をして声帯が腫れているために起こる現象です。

お酒に含まれるアルコールで声帯が乾燥した状態になってしまいます。そんな中で大声をだしたら…腫れるに決まってますよね。

この現象、実はポリープ様声帯と言い、声帯一帯がポリープになってしまっている症状なのです。一歩間違えたら声が変わってしまいます。こんなこと絶対にやめましょう。

※筆者は3回ほど経験があります


3)六フッ化硫黄ガスを吸引する

上2つは声帯を変化させるという方向性でしたが、こちらは外側、つまり空気を変化させる方法です。
ヘリウムガスは吸引すると声が高くなることで有名ですが、逆に吸い込むことで声が低くなるガスが存在するのです。
それがこちら。

いやあ、夢のようなガスですね。
ただ1つ問題点がありまして、声が低くなるガスというのはつまり大気よりも重いガスであるということです。
つまり、肺にガスが残ってしまう危険性が存在するのです。

良い子のみんなは絶対に真似しないように!


結論

さて、色々と書いてきましたが、ひとつ言えることはすべて喉や身体にダメージを与える行為であるということです。楽して音域を拡張する事は出来ないんですねえ…
繰り返しになりますがcha1ra.comは上記の行為を薦めているわけではありません。真っ当に最低音を伸ばしたい方は、こちらの記事を参照ください。笑

「面白いじゃん」と思ったらぜひシェアをお願いします!

-ボイスベース, 歌・アカペラ, 記事一覧, 音楽

Copyright© ちゃいら随筆 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.