記事一覧 随筆

下書きの数、28個 - 言葉の切れ端たちをまとめる①

更新日:


記事の整理をしよう!

僕、あまり日記を書かないのですが、その主な理由が

  • 厳密な記事を書こうとして、下調べの段階で力尽きてしまう
  • 結論の落とし所がわからなくなってしまう

というものです。
その結果として、下書きが増えてしまうんですよ。

さて、ここからが本題。

先ほど、久々に下書きフォルダを覗いてみたら…

スクリーンショット 2014-10-01 12.02.42

…28!?

というわけで、この記事は、このまま放っておいても記事にすることはない下書きたちを、せめて何を書きたかったかだけでも大雑把にまとめてみるコーナーとなっております。
第一弾となっているのは28個もまとめるのは無理だから!笑
さて、早速やってみましょう。


【case:1】(タイトル無し)

最初から雲行きが怪しい。では、内容をみてみよう。


HPのYoutube動画の整理方法について悩んでいた時、友人のブログでfotoramaなる便利そうな機能を見つけたので、あとで実装してみようと思う。
fotoramaを使ってみた。

今回はここの話ではなく、

さて、前々回


さて、前々回なに!?!?
いきなり言葉の切れ端過ぎてわからない下書きが出てきてしまいました。
前々回とは一体なにを指しているのだろうか…。

【case:2】(タイトル無し)


危なかった…ビデオがなかったらまじでやばかった…


だから何がだよ!!!
なんだこれ。僕は知らない間に痴漢でもしたのでしょうか?
自分が怖いよ!!!


【case:3】丸型ポスト

やっとまともなものが出てきました。


リンカーンの東京探しものラリーというコーナーで、
「丸型ポスト」を探せ、という回があった。

確かに、丸型ポストなんてまったく見かけない。たいていは四角型ポストだ。
何故丸型ポストがなくなってしまったのか。そもそも何故最初は丸型ポストだったのか。ちょっと気になったので調べてみた

Wikipediaによると、
かつては日本全国に普及していたが、四角い箱型のポストへの置き換えが進んだ。これは、箱型ポストは中に郵便物を貯める袋を吊るし、それを交換するだけで収集できるのに対し、丸型ポストは小さな取出し口から郵便物を手でかき出す手間がかかるためであった。


丸型ポストはではいつ、どのようになくなってしまったのか、という点が調べても見つからずにそのままになってしまったのでしょう。
丸という構造は確かに"ものをたくさん入れる"という視点からは最も不適な形ですよね。だから電車やバスは直方体なわけですし。
"丸"と"四角"という話はもうちょっと調べたら面白そう。
ただ、今調べだすと、この記事自体が下書きになってしまいそうなので、今回はやめておきます笑


今回はここまで。使えそうな記事が意外とないものです笑
ここで紹介した記事はこれで一区切りとして下書きを削除します。
では、パート2でまたお会いしましょう。

「面白いじゃん」と思ったらぜひシェアをお願いします!

-記事一覧, 随筆
-,

Copyright© ちゃいら随筆 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.