The Real Group バンド 歌・アカペラ 記事一覧 随筆 音楽

Chili Con Carne(Real Group)のイントロが美しい

投稿日:


The Real Group のイントロに隠された秘密

皆様、The Real GroupのChili Con Carneという曲をご存知でしょうか。

アメリカの代表的な料理であるチリコンカーンの作り方を歌にしてしまう、というなんとも不思議な曲であります。

曲調も不思議ですが、最も不思議なのがそのイントロであるように感じます。

この曲は最後に転調しますが、基本はC Major(ハ長調)の曲です。しかし、イントロ部を聴いただけではこの曲が何調であるか全く見当がつきません。まあ最初がEのコード(C Majorには含まれない和音)なのでわからないのは当たり前ですが・・・。

それだけでも十分不思議ですが、不思議な感覚に陥っているのはそれだけが原因ではないように思います。


まずは俯瞰してみる

イントロ部の和音を解析してみました。耳コピした楽譜はアップロードしたら違法なんですかね・・・。音楽関係は版権が入り組んでいてよくわからない。

コードくらいはいいだろう(まずかったら消す)。

E FM7onE | F#7/E FM7onE | G6onE F#onE | F69 F#69 G69 A69| C

なんといっても印象的なのが、最初TopとBassがずっとEでステイしている点でしょう。最初の3小節間は外声部が全く動かず、ただ内声の音だけが変化しています。それだけでも十分面白いですが、TopとBassが同じ音を歌うというのはかなりのイレギュラーです。連続8度にあたりますから、和声の禁則に当てはまります。

そして、コードをみてお気づきの通り、ベースが根音ではないことも大きな特徴です。楽譜をアップロードできないのが残念ですが、根音にあたる音を歌っているのは3rdです。連続8度でベースの音が強調されているにも関わらず根音ではない。そこにこの曲の不安定感・不思議感の秘密が隠されているのです。

 


コードの決定について

ちなみに3小節目のG6onEですが、構成音的にはEm7と捉えることも出来ます。しかし、不安定感を演出したいはずなのにここでBassが根音を歌ってしまう理由がないこと、そしてG6であると仮定すると3rd(根音パート)の動きが

E→F→F#→F→G→F#

というように段階的に音が向上していく、綺麗な形になることからもG6であると言うことが出来るでしょう。MIDIの再生画面に打ち込んでみるとわかりやすいかな?イントロを根音だけ書き出してみるとこのようになっています。

スクリーンショット 2015-06-23 2.09.00

 

もしもこれがEm7であった場合

スクリーンショット 2015-06-23 2.11.12

 

このような形になります。このフレーズ内においてE音が最も低い音になってしまい、音楽的に落ち着く場所である(後述)4小節目に入る前に既に落ち着いてしまうことになってしまいます。その点、G6であれば、2小節目よりも盛り上がりを作ることが出来ます。それによって4小節目の音楽的集約点を強調することが出来るのです。

 


4小節目ではじめて外声部が動く

先ほどから4小節目の頭が音楽的集約点とうるさく言っておりますが、その理由が外声部が初めてE以外の音を歌うためです。そしてTopが下降、Bassが上行してます。つまり、和音が密集するのです。

和音がF69というのもまた気持ち悪い(いい意味で)。ベースが9thの音であることも気持ち悪い(いい意味で)。69という和音の役割はどのようなものなのでしょうか。使いこなせたら面白そうなので後日調べてみようと思います。

 


最後に待ち受けるドラマチックな展開

そしてここからです。4小節目の一番最後に全員でユニゾンになりますが、その直前の和音で最もドラマチックな展開が起こっているのです。それは、ベースの音が本来の役割である根音に復帰するのです。その音はA。Aといえば、C MajorにおけるⅥ度の音です(Aの音についての話です。平行調という意味ではa minorです)。Ⅵ度と言えば、トニックです。つまり、ここにこきてはじめてC Majorの片鱗をうかがうことが出来るのです。

そして、ユニゾンによる半音上行により、Amを経由することなく自然にCへと到達、ここにきてはじめてこの曲の本編がスタートするわけです。

 


いかがだったでしょうか。あくまで僕の解釈なので間違っているかもしれませんが、このように楽曲を紐解いてみると曲の美しさは勿論ですが、楽曲の構造物としての美しさを感じずにはいられません。

この曲はリズム的やスキャット使いも思考のしがいがある曲であるように思います。またこのような形で記事に出来るよう、引き続き分析を行いたいと思います。


 

 

 

「面白いじゃん」と思ったらぜひシェアをお願いします!

-The Real Group, バンド, 歌・アカペラ, 記事一覧, 随筆, 音楽
-, , , , , ,

Copyright© ちゃいら随筆 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.