記事一覧 随筆

WordPressテーマを変えてみて

更新日:


自作テーマの長所・短所

WordPressのテーマを自作して公開してから、1週間が経ちました。

自分でサイトコンセプトを決定して、コーディングをして運用をはじめたわけですが、テーマを使用するうちに、このテーマの長所、及び改善点がすこしずつ見えてくるようになりました。


長所

コンセプト通り、"日記の記事"と"情報の記事"の二分化を図ることには成功しているかな、と思います。自分自身のリファレンスとしても非常に使いやすいです。

また、上部にナビバーを設置すると同時にカテゴリー枠を大別した結果、現在のページ把握、及び各ページ遷移が楽になったのではないでしょうか。

 


改善点

まず、ページを開いた際に小さい画面だと新着記事のタイトルが見えません

スクリーンショット 2015-04-15 2.27.58

このようになってしまいます。僕は15インチのMBPを使っているので、13インチ、11インチの画面に配慮が足りませんでした。

また、#000000(真っ黒)では目が疲れると思い、黒部分に#170312という色を用いましたが、それでもまだ目が疲れてしまいます。ゴシック系のフォントを用いていることも関係しているかもしれません。WordPressの投稿画面は目が疲れません。調べてみると、明朝体で、文字色は#333333です。親しみやすいサイトにしたいので明朝体を用いることについては保留しますが、文字色、大きさについては再考の余地ありでしょう。

スクリーンショット 2015-04-15 2.33.10

 


記事の質の変化

最も変化を感じる部分として、記事の書き方の変化が挙げられます。書き手側のモチベーションの問題として、どうしてもよく見られる部分、つまりサイト上部を更新してしまいがちです。つまり情報の記事が入ったとしても、日記の更新情報を増やそうと努力する結果、情報まとめであっても私見を交えて、日記のカテゴリーにタグ付けようとする試みをしてしまうのです。

それ自体の是非はありませんし、自分の意見を持つ良い機会であるため、これからも続けていこうと思います。しかし、この状態が続くと冒頭に長所として挙げた今回のテーマ、"日記"と"情報"をカテゴリー分けする必要がなくなってきてしまいます。文系理系という枠に囚われない文理融合の考え方と一緒ですよね。違うか。いずれにせよ、cha1ra.comというサイトをどのようなサイトにしたいか、というサイトコンセプト自体から練り直す必要性に迫られている現状があります。


 

1週間の運用でこれだけの改善点が挙げられたのですから、今後どれほどの改善点が出てくるのか…。考えるだけで恐ろしくなります。テーマ自体を見直す可能性すらでてきましたが、しばらくはユーザーの動向などを分析することでサイトの需要を把握しようと思います。

「面白いじゃん」と思ったらぜひシェアをお願いします!

-記事一覧, 随筆

Copyright© ちゃいら随筆 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.