記事一覧 随筆 音楽

次世代ミュージック・ビデオは"物語"だ

投稿日:


プレゼン技法で重要なこと

最近必要に迫られてプレゼンテーションに関する本を読みました。

ザ・プレゼンテーション

ザ・プレゼンテーション

posted with amazlet at 15.06.17
ナンシー・デュアルテ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 50,754

 

著者は一連のプレゼンテーションを発端、中盤、結末の3つのフェーズに分類します。その上で、

というように、現在の姿から次第に未来の姿を見せるようなプレゼンテーションが最も魅力的なプレゼンテーションであるというように説きます。その上で、各フェーズごとのテクニックなどについて言及します。スティーブジョブスやマーティン・ルーサー・キング・ジュニアなどの著名人の演説を取り上げるケーススタディなども豊富にあるので、筆者のルールを体感することが可能です。書物としてオススメです。

この本で特に印象的であったのが、筆者がプレゼンテーションにおいてストーリーを非常に重視していた点です。

プレゼンテーションにおいては、情報列挙型のスライドを作成しがちですが、そうではなく、その技術・情報を用いることで聴き手にとってどんなメリットがあるかについてを語らねばならない、というのです。それを伝えるための最も有効な手段が"ストーリー"なのです。

筆者はその例としてクリストファー・ボグラー氏が提唱するヒーローのプロセスを紹介しています。これの詳細については後日記事にしようとしますが、要するにヒーローが悪者をやっつけるためには、一定の手順―旅立ち・仲間からの助言・自分との葛藤 etc.―を経ることが大事である、ということです。

この相手に伝えるためにはストーリーが重要である、という話を聞いて、一つの動画を思い出しました。


Maroon 5"Sugar"のMV

それは、Maroon 5のSugarという曲のミュージックビデオ(以下MV)です。

MVと聞くと、我々は曲の世界観に合わせた映像・動画等を組み合わせた総合芸術としてのMVを想像します。しかし、こちらのビデオはさながらドキュメンタリー番組のような構成になっています。というのも、Maroon 5が結婚するカップルにサプライズ演奏し、演奏するMaroon 5や式場の様子がMVとして使用されているのです。

MVで使われている映像は本当のサプライズのようです。YouTubeには出席者が撮影した動画もちらほら見受けられます。

このMV、なにが良いかというと非英語圏の人々でも理解可能です。結婚式場にサプライズで乗り込む、そして演奏をする。これは歌詞の内容がわからずともMVのみで結婚に関する曲であることが一瞬でわかります。また、会場の歓声をMVに織り交ぜることでMV視聴者にライブ感を感じさせることが出来るのはもちろん、Maroon 5を知らない人がこのビデオを見ただけで彼らの知名度・人気度を窺い知ることが出来ます。

そして、このビデオの最大の特徴だと私が感じたのが、冒頭で述べたストーリーです。このMVは一種プレゼンテーションのようであるようです。何に対するプレゼンテーションか。それは、"Sugar"という曲の使い道についてです。ドキュメンタリーという形で実際に結婚式場での様子を流すことで、この曲が結婚式で使用することが出来る音楽なのだという印象を植え付けることが可能です。SugarのMV従来の曲のイメージビデオだけでは想像がしづらい、曲の使い道についてもMV上で展開するストーリーを用いることで我々視聴者に訴えかけてきているのです。


 

以上のように、このMVは我々が気づかない内に従来のMVの2倍、3倍以上の情報を提供しているのです。そして、これらのいわゆる"いい話"の類の動画はSNSなどで拡散されやすい傾向にある気がします。統計があるわけではないのであくまでも実感ベースでの話ですが、Maroon5のVEVOを人気順に並び替えてみてもSugarがトップの再生回数であることを観る限り、上記の話は真であるように感じます。

スクリーンショット 2015-06-18 1.35.10

その意味で、このMVはプロモーションビデオとしても非常に優秀な側面を持つと言わざるを得ないでしょう。


 

「面白いじゃん」と思ったらぜひシェアをお願いします!

-記事一覧, 随筆, 音楽
-, , , , , , , , ,

Copyright© ちゃいら随筆 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.