随筆

"エンターテイナー"であることのジレンマ

投稿日:

エンターテイナーとは...

最近、マネーの虎という番組を食事中に観ています。

2001年〜2004年くらいに流行した、日本テレビの番組です。

挑戦者は虎、つまり社長5人に自分の成し遂げたいこと(ex.武道館でライブを開催したい、今までにない無国籍パスタ料理を作りたい...etc)と投資希望額を宣言します。社長達は挑戦者に事業計画や投資金の内訳、ビジョンなどを質問しながら挑戦者の可能性を見極め、投資を行うのです。

その中で、ネットアイドルのプロデュースをしたい、という挑戦者がいました。

その挑戦者は実際にネットアイドルを連れてきて、虎達の前で演技を披露します。

しかし、当日に歌・踊りを合わせただけの演技であったため、正直言って、演技はボロボロ。虎達も苦笑いをしてしまいます。

このお話自体も非常に興味深いものでしたが、一番印象的だった言葉が、

「大変そうにしないでエンターテイメントするのがエンターテイナー」

という言葉でした。

(確か高橋がなり社長だったかな、この発言をされていたのは)

この言葉、当たり前のように思えて、我々が忘れがちな言葉なのではないでしょうか。

 

 

ステージ上に日常は存在しない

「大変そうにする」というのは、華やかな舞台裏で行われている努力の数々を一切見せません。

先日、地下アイドルの活動(アリス十番さんだったと記憶しています)にカメラが密着する、という番組はまさにこの代表例でした。

事務所の空きスペース6畳に6人ほどで共同生活。水場はトイレにしかないため、炊飯器はトイレの中。演技や歌のレッスンが終わった後もチームで自主練を行い、午前5時にまで及ぶこともある。

しかし、彼女らのステージはそのような大変さを微塵も感じさせないものでした。

常に笑顔で、常に元気よく。お客様を楽しませているのです。

ステージに彼女達の「日常」はありません。彼女達はまさにエンターテイナーでした。

 

エンターテイナーに観客が求めるもの

このドキュメントを視聴した時、彼女達のエンターテイナーとしてのプロ意識に感心すると同時に、彼女達の世界観を守るためにも裏側の努力は見せるべきではないのではないか、とも思ってしまいました。

マジシャンは自分の手の内を明かしません。某ネズミーランドでも着ぐるみの中に人が入っているなんて言いません。努力を見せてしまったら、お客様は一気に"冷めて"しまうからです。

しかし、このドキュメント番組がなければ、私は彼女達地下アイドルの存在を認知することはありませんでした。また、このドキュメントをみたことで彼女達を応援したい!と思うファンの方々も増えたかもしれません。

その意味では、エンターテイナーを「観に行く」という概念に、「応援する」という概念が生まれているのかもしれません。

「面白いじゃん」と思ったらぜひシェアをお願いします!

-随筆
-, , , , , ,

Copyright© ちゃいら随筆 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.